SGSの特徴

SGSロゴSGSの具体的な中身は…
あなたの製品や技術を日本国外の人にも知ってもらうために、現時点では自分に足りない”あなたが今本当に欲しいもの”とは何かを一緒に考え、そして実際に”そうありたい姿”に近づけるための手段であり活動の舞台です。
その為、その内容はあなたが自由に決めるものです。

一緒に話をさせて頂いている会社には、日系企業の海外事務所から日本国内の小規模な零細企業まで色々あります。中小から大手企業まで、日本国内ベンチャーや小規模であってもオンリーワンを目指す中小企業であれば業種に関わらず各種・各様、様々な場面・状況で利用できます。

soda_text

例えば…

(1) 見込み客の個人情報(個人名、メールアドレス、住所など)を入手。

(2) 販売に直結するグローバル(英文)サイトの作成、サイトへの見込み客の誘導。主要検索エンジンへの上位ランク。

(3) あなたのメッセージをプロのコピーライトやデザインに乗せて多数の潜在顧客あて一度にメール発信。

(4) メール配信プログラムにより、より大きなスケール(数千から数万件)でターゲット業界宛てメール発信。

(5)最新の希望カテゴリー内の市場規模・顧客数調査。

(6)トレードショー(国際見本市)への出展のオンライン上での展開。

(7)具体的な貴社の販売担当部署機能として、英語に よる日常的な見込み客・顧客対応。

(8)日本語環境にて海外の見込み客・顧客からの問い 合わせ対応。

(9)最新のマーケティング・販売関連B2B市場動向ニュース・記事の提供・紹介。

(10)その他 ….

即ち…

(1)これまでのような海外代理店・セールスレップや海外事務所任せの新市場・顧客開拓や営業活動はもはや不要です。日常的にリアルタイムで得られる最新市場や多くの見込み客から得られる具体的な情報をベースに、日本の本社が司令塔的な主導的役割を担うことができる。見込み客の個人情報(個人名、メールアドレス・電話・住所・会社名・役職・所属する業界、興味の対象製品・技術等)の詳報を入手した上で、”待ち”の営業スタイルからの脱皮をはかり、自ら主体的・積極的に彼らに対する働きかけを行なう等、タイムリーなフォローを定期的に行っていく事で大企業並みのブランド浸透を図る。

(2)貴社の現有(或いは新規作成する)英文サイトに見込み客を日常的に誘導したり、見込み客から直接引き合いや問い合わせを取得する。素晴らしい内容のWebサイトを作成しても実際に参照されり利用してもらえなかったらその価値は大きく失われてしまいます。従って、グーグルやヤフー等の主要な検索エンジンにリストされ、更に如何に上位にランクされているのか (希望するキーワードで、できたらトップ10以内)を注視しておかなくてはなりません。その意味でもデザインやコンテンツには専門的な取り組みが欠かせません。SEOの専門家の中には検索エンジンのアルゴリズムにある脆弱性をねらって一時的な効果を創出している人もいるようですが、結果的にペナルティを受ける事が多々あります。検索エンジンは常にランク付けを行う基準を変更していますから、その最新状況に応じた対策が必要となります。”メインテナンス”プログラムに参画することで年間を通して安定した上位ランクを得る事ができます。

(3)E-Mail Marketing ・電子メールを使ったマーケティング手法は、最近色々な業界や企業で積極的に使われるようになっています。これまで取得した貴社や貴社製品に一定の興味を持った潜在顧客に対し比較的安価なコストで粘り強くブランド浸透のための作業をする方法としては極めて強力です。メール配信の結果が具体的に入手できますからその後の販売部隊の効果的なフォローアップ作業に効果的です。注意すべきは、Webサイトと上手く組み合わせ、統一したブランド・イメージを展開することです。又、”顧客にとっての”内容のある価値情報を定期的に安定的に伝達することが大切です。大々的な(一度に数百から数千件以上も可)あなた独自のメール・キャンペーンを定期的に展開することで、中・長期的な視点に立ったブランドのより一層の強化や新規市場開拓のためのマーケティング・プランを実行する等、その動向調査や事業・営業活動を目的に沿って世界レベルで遂行することができるのです。

(4)大手IT企業独自のメール配信プログラムにより、一挙に数万から数十万規模という極めて大きなスケールであらかじめ定めたターゲット業界内において、貴社製品や技術関連の情報について強い関心を抱いていると想定される見込み客の担当責任者に直接あなたのメッセージを届ける事ができます。

(5)具体的な製品カテゴリー内において、どの様な顧客(会社名)がどの程度の頻度・件数存在するのか等の最近数カ月或いは一年間の具体的な実績をリアルタイムで知ることができます。従来の様な海外市場開拓や市場調査のための高価なマーケティングやコンサルティングの費用をかけることなく、それらの詳報は即座に入手可能です。

(6)海外で開催されるトレードショー(国際見本市)への出展もオンライン上で展開し、大幅なコスト・時間・労力の削減を図る。これまでの様に見本市出展のためにわざわざ有力なスタッフを海外に派遣する必要がなくなりました。

(7)具体的な貴社の販売担当部署機能として、
(a) 英語による日常的な見込み客・顧客簡易対応 (電話・E-Mailを利用して行う簡単な内容をあなたの要請に基づいて行う。)
(b) 英語による日常的な見込み客・顧客本格対応:(電話・E-Mailを利用して行う本格的なサービス・受注など営業体制、
両者の基本合意に基づき機動的な営業行為を行う。出来高・歩合(コミッション)ベース契約との組み合わせが可能。 北米海外事務所機能 の代行(バーチャル事務所)

(8)日本語環境:海外の見込み客・顧客からの問い合わせ等の日常業務・営業活動を日本国内外から日本語にて(電話・メール等にて)解説・支援。貴事務所にての会議、或いは必要に応じて顧客への出張訪問等も可能です。

(9)最新のマーケティング・販売関連B2B市場動向ニュース・記事の提供・紹介:世界の最新(動向)の業界・製品お役立ち情報、B2B, マーケティング・販売に関するもの(a)英語版(原語)(b)日本語翻訳他”独自の視点”版

(10)その他:北米事務所設立やディストリビューターの選定のための支援等:法律・会計・人材紹介・指導