ジャパンブルーとして愛される日本初のジーンズブランド

 作業着として普段着として、オシャレ着としても今や定番のアイテムとなっているジーンズ。小さな子供からお年を召した方まで年齢性別を問わず世界中で昔から親しまれているのがジーンズですよね。

 この世界中で定番中の定番ともいえるジーンズ、日本国内、および世界においてもその品質、技術力、デザイン性において優れていると言われている日本ブランドがあるのをご存知でしょうか?

 それは岡山県倉敷市児島から誕生した「桃太郎ジーンズ」というブランド名で製造されているジーンズです。著名人・有名人の中にも愛用する方が多いです。長く使うことの出来るジーンズですが、使い続けるうちに藍色も薄くなり、こすれてしまったりしてしまいます。
けれど、色落ちというのも味わいになっておりその色落ち間を求めて購入される方も多いようです。

そんな桃太郎ジーンズですが海外へ進出する為に直接売り込みに行くなど、努力を続けています。「ジャパンブルー」と名付けられた海外進出用のブランド。通常であればジーンズ製品は店に置かないというセレクトショップでも「ジャパンブルージーンス」の手触りやそのデザイン性、染色の丁寧な仕上がりを見て、店頭へ並べるという店もあったようです。日本国内で人気のジーンズは、海外のセレクトショップや目の肥えた愛用者達にとっても大変注目を集めるジーンズとなっています。
 このように、世界中で古くから定番商品となっているものでも、日本の技術力が加わることで、また新しい価値を生み、それが世界へと進出していくものがあるのだというとても素晴らしい事例ですね。

参考)

藍布屋:
http://www.japanblue.co.jp/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>