ベトナムでお店を開くために必要なこと

ベトナムで雑貨屋さんを経営されているご主人から、現地ならではのリアリテイな体験談をお聞きしましたのでご紹介します。

↓↓↓↓↓

 私はベトナムでベトナム人と結婚して、雑貨屋を開いている者です。ベトナムは大の親日国です。結婚相手はドイツ人か日本人が一番!と言われているほどで、とにかくメイドインジャパンは大人気です。

 私もベトナムに住んで、ベトナム人と結婚して、色々な人と出会いましたが、日本というブランドはとても強いことを痛感しています。その結果、妻を社長として会社を立ち上げ、今では自社店舗を2店舗構え、他社店舗にも販売をしております。
一番売れるのは、やはり粉ミルクです。ベトナムも成長期のため、子供を大事にする家庭が増え、子供用品の安全性を求める声は日に日に高まっています。特に粉ミルクは口に入れるものなので、特に安全性を重視し、一番安全な日本製を買う家庭が後を絶ちません。弊社でも売れ筋ランキングの上位に入ります。


 そんな感じで日本製を主に扱っていますが、ベトナムでお店や会社を作る上で、ベトナム人の協力は絶対必要です。法律が緩くなり、外国人でも独資で会社が持てるようになりましたが、やはり社会主義の国。ベトナム人がトップになることにより、なんでもスムーズに話が進みます。外国人がトップになっている会社ですと、何かと横やりが飛んでくるケースが多々あります。
一番良いのはベトナム人と結婚することです。何より配偶者ビザにより永遠にベトナムに滞在出来ます。それ以外だと投資ビザや就労ビザしか方法が無く、お金もかかり大変です。是非、ベトナムでビジネスをしたい方は、結婚相手か、信頼できるパートナーを見つけることがまず第1に大事なことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>