JeS[ʈꗗ: 日本以外の国の人にも喜んでもらいたい

海外進出が続く日本の小売業

 海外展開で成功している日本企業の代表例が、イオングループなどに代表される小売業ではないでしょうか。日本にも、アメリカの会員制スーパー「コストコ」などが進出して、話題となっていますが、日本のイオングループなども東南アジアを中心に、積極的に店舗を展開しています。

 日本の小売業が、海外で強みを発揮しているのは、そのサービスにあるようです。
日本の小売業の強みは、社員教育がしっかりしていることだといわれています。たとえ、高級品を購入しに来たお客さんでなくとも、日本の小売店では、丁寧に接客します。百円や二百円の商品がどこの売り場においてあるのか、といったことを聞いても、時間をかけて探し出してくれます。海外では、ここまで決め細やかなサービスをしてくれる小売業は多くはないです。

また、日本の小売業は言葉遣い、礼儀なども非常に丁寧です。

こうした、ほかの国にはない点が、日本の小売業が海外で成功している理由なのではないでしょうか。事実、東南アジアでもタイやベトナムなどに、日本の小売業が進出しています。これらの国は、東南アジアでも比較的人口が多く、日本に対する感情も良好である点も、メリットとなっているようです。

 一方で、日本の小売業が海外進出を加速させているのには、理由もあります。

現在、日本の人口は約1億2000万人ですが、少子高齢化によって、これから人口が減っていくといわれています。こうした人口減の時代を見越して、海外進出を急いでいるのでしょう。事実、時代に乗り遅れた小売業者は、他社と吸収合併されるケースも少なくありません。うまく、海外進出の足がかりを作ることができた業者だけが、生き残っていくのかもしれません。

 もともと、日本の小売業の海外進出は、いまに始まったことではありません。すでに30年前には、東南アジアへの進出が始まっていました。今年に入ってからはタイやベトナムだけでなく、カンボジアにまで日本の小売業者のショッピングモールがオープンしています。
もっとも、東南アジアに進出している小売業は、日本の業者だけではありません。今後は、中国の業者も進出してくるかもしれません。また、地元資本の業者も力をつけてくるでしょう。
ただ、こうした東南アジアの国に進出するメリットは、これから人口が増えていくということです。これは、少子高齢化が進んでいる日本とは対照的です。さらに、人口が増えるだけではなく、経済成長に伴って購買力もついてくるのではないでしょうか。つまり、マーケットとして魅力的な存在であるといえます。このようなことを考えると、日本の小売業者も、より日本的なサービスを打ち出して、現地の消費者をつなぎとめる必要があります。

こうしたことからも、今後も日本的な「おもてなし」を、海外でも展開していくのではないでしょうか。

水で悩む海外で活躍を

環境ビジネスと一言で言ってもそのジャンルは幅広いのですが、その環境ビジネスの中で、中でも水にまつわるビジネスは日本のお家芸と言える程、大変高度なスキルやノウハウを有しています。
一例で言えば東京都が東南アジアの発展途上国の水道事業を請け負うビジネスを推進しようとしているのも大きな一例と言えます。

つまり、日本では当たり前のように提供されているサービスであっても、他国では容易に真似の出来ない技術やノウハウに依拠している場合が多いのです。
それ故、そうした技術やサービスには当の日本人が気付いていないだけで、実は海外から切望されているものは山のようにあると言っても過言ではありません。

例えば、その一例ですが日本には豊富な地下水が地下に蓄えられていますが、古くは井戸を掘って飲料水や生活用水にしたり、例えば寒冷地はその地下水を道路の融雪に使用したり、あるいはヒートポンプと組合わせることで空調に活用したりと、さすが日本人と言えるのでしょうがこうした自然の資源を生活の中で実に巧に有効活用してきました。

しかしながら、この地下水を活用するには、高度な技術と言うより、長年培われてきた経験や勘と言ったものが必要とされます。いわゆる巧の技です。
にも関わらず、前出の東京都の事例が正にそうであるように水道水事業大国となったことと、地下水の取水によって地盤沈下等が起きやすいといった地理的要因から地下水取水そのものができない地域もある等、そうした巧の技術を活かす機会が国内では限定・制限されるようになってきました。

ところが、諸外国に目を向けると深刻な水不足に悩む途上国は数多くあります。そのような国は降雨量そのものが少ない場合が多く、地下水の有効活用が水不足の有効な対策であることはわかっていても、肝心の経験やノウハウ、具体的にはどこの場所をどの程度掘削すれば地下水を獲得出来るかといった長年の経験に基づいたノウハウ等がありませんので、手つかずの状態と言えます。つまり、そうした国では井戸を掘って地下水を探り当てる日本の巧の技術が切望されているのです。

ただ、途上国は日本と貨幣価値が大きく異なることもあり、そうした巧の技術を有する日本人に協力を仰ぎたくともコストの問題で断念していた訳です。
従って、そうした国に代わって誰がコストを誰が負担するかという問題があります。

しかし、少し視点を変えて考えれば、水の問題が解消されれば、水と不可欠と言って良い農業や工業といった産業も発展することになります。それは回り回って労働力や生産拠点の獲得等、日本の経済にも確実にプラスとして跳ね返ってくるのです。

ならば、そうした長期的視点やビジョンに基づいた、ODA等ではなく民間資本に基づいて、巧の技術を有する日本人の方々がその実力に見合った対価を得ながらそうした水で悩む海外で活躍出来るようなスキームが実現出来ないか。そうなれば日本の巧の技術も海外で活かされ、日本経済も結果的に潤うことにもなります。

2014.07 (CreationsA-LS)

より快適な空間をプロデユースして世界から観光客や長期滞在客を収集するプロジェクト

今世界のセレブ層と呼ばれる人々が求めているのは、安全でなおかつ快適に過ごせる空間です。 実は投資家やサービス業、作家等の仕事で世界各地を訪れている人達はインターネットがつながりさえすればパソコン1台、スマホ1台でも仕事をこなせる人々が多く存在するのです。 そんなヒッピーセレブ層が世界を転々としながら求めてる物は、快適でラグジュアリーな空間です。

日本のメリットとしては、他国に比べて治安が良い点とインフラ整備が整っている点、そして安全な水や食が簡単に手に入る点です。 そんな日本の住みやすさを求めてここ最近世界各地からビジネスや留学、旅行、長期滞在といった形で訪れる外国人が増えてきました。 その種族も多様化していて、以前はあまり見られなかった中近東やアフリカ、南米、インド、北欧の国の人々も最近は多く日本にやってきています。

そういった中で実はまだまだ日本では、そのような国々の人々が快適に過ごせる空間が少ないのです。 
それはインテリア、食、レジャー、娯楽、サービスの点ですが、もう少し世界中のどこの国の人が来ても快適に過ごせるような空間プロデユースが出来ると、もっと外国の人々が日本でお金を多く落としていってくれると思います。

もしかするとせっかく世界のセレブ層が日本に来てくださっているのに、せっかくのビジネスチャンスを逃してる可能性だってあるのです。
そのためには実際に世界中の文化や習慣を把握して、今現在それらの国で行われえているサービスを超える物を作っていかないといけません。
それは東京や大阪に限らずに飛行場の近くであれば、海外に近い九州といった比較的地価の安い地域でも可能なのです。

日本を世界のセレブが集まる魅力的な都市にする事によって、日本で様々な国際会議や首脳会談が開かれるチャンスも増えてくると思うので、自然と日本が世界の中心地として認定されていくと思います。

幸い今日本は過疎化、少子化で土地が余っているので、そういった過疎化した土地を思い切って開発していくのも地域活性化につながるので良いと思います。

これから国際化社会に向けて大切な事は、常に世界を見つめるビジョンです。

世界はインターネットの普及によってより身近なものとなりました。
だからいくらでも日本の魅力を世界へとアピールしていくチャンスはたくさんあるのです。

日本各地で世界にはないすごい空間をクリエイトして、世界を代表する国家としてこれからどんどん成長していく事を望んでいます。

2014.07 (Nekonikonbanha-LS)

海外に向けて発信すべきは「農業」

日本が海外に向けて発信すべきものはずばり「農業」ではないでしょうか。
日本には昔から米作というものがあります。
他の国でも米を食べる所はありますが、日本の米作のような技術を持っている国はないでしょう。

最近は健康ブームで玄米を食べたいという人が増えています。
玄米は確かに体にいいのですが、糠の部分に農薬が残留するので白米より農薬が多いと言われています。
しかし、新潟のある農家の男性は全く農薬が残らない状態の玄米を作ってテレビに紹介されました。
何百もの検査項目にクリアするような玄米を毎年作られています。

農薬を全く残留させずにお米を作るというのは並大抵の事ではありませんよね?
それをやってのけるこの男性のような人を海外に派遣して、途上国などで技術を教えてもらうのはどうでしょうか。

まだまだ途上国ではかなりの農薬が使われているようです。
農薬が残留すると人体にどんな害があるのかという事も知られていないのでしょう。
これから生まれて来る子どもたちのためにも、出来るだけ農薬が少なくて済むようなお米の作り方を日本からどんどん輸出していってもらいたいものです。

もちろん、無料ではなくビジネスなのでかなりの技術料を払ってもらう事になります。
そうなると日本にとってもかなりメリットになるのではないでしょうか。

2014.07 (Azuki-LS)

特に発展途上国でネット放送配信を通して生きる力を

どこの国でも同じ事なのですが、小さい子供がたくさんいるんですね。

特に発展途上国には人数も多いですし、子供が喜ぶような日本のアニメとか、我々が心に刻んで忘れなかった、励みにしてきた歌や映画がたくさんありますよね?

そういったものが、もっと、子供向けに発信できたら、その地域も明るく元気になれると思うんですよ。

難しいことではないと思います。
今、アフリカでも、みんな携帯持ってるような時代ですよ。

下水道などのライフラインを整備することに尽力する事と同時に、もっと、ネットで放送を配信して、生きる力になるようにしてあげたり、サブ的に何かはできると思います。

その国の官僚とか大学とか会社とかと、東南アジアなんかは「産、官、学」でコラボレーションしたら、資金も集められるし、いい知恵も出し合えるし、お互い、できない部分を補い合い、きっとやれると思います。

放送網が大事です。

とにかく、フィリピンでも、島が多いです。

島だらけで情報が行き渡っていませんし、ああいう東南アジアの方こそ、ほんとに放送網を必要としています。

あそこが経済的によくないからといって、そういう弱みにつけ込んで、悪い人が悪いことがしやすいから麻薬を持ってどんどん入っています。

そんな危険な事と、隣り合わせの生活が幸せなはずはないです。

とにかく、治安が悪い国には、治安を良くするための交番制度を作ってあげて、(今回ブラジルでは、治安を良くするため、国で日本の交番制度を導入することになった)そのようにしてあげるとか、日本からの働きかけで、生活習慣をいくらでも導入してあげられます。

その際でも放送網は重要で、NHKじゃなくても、これは民間レベルで出来ます。

日本人はそこら辺がとても消極的なので、もっともっと積極的に行った方が良いと思います。

 

2014.06.30 (6c6w-LS)

若者には、日本の伝統、たくみ、技を海外に販売する輸出ビジネスに挑戦して欲しい

最近、北欧のデザインが話題となり、雑貨や家具等を日本で販売する小売店が話題になっています。こうした海外企業の日本進出もあれば、雑貨ブームの中で、東南アジアテーストの衣類や雑貨、欧米の古いリユース雑貨を、海外で仕入れて販売する小売店も増えています。若者文化の中に、こうした物が受け入れられ、結構高値で販売されたりしています。


翻って、日本の伝統、たくみ、技に裏打ちされた商品の発信力はまだまだ弱いと思います。特に輸入雑貨で成功を納めている若い人達に、その感性を活かして、ぜひ日本テーストの雑貨を販売する店を海外に展開してもらいたいものです。


若い人が、海外での小売を考えると、すぐにネット販売を考えがちです。しかし、ネット販売では、日本で成功した立地や店全体の雰囲気と品揃えという感性は活かせません。こうした感性を活かすには、やはり現地に実店舗の進出が必要なのです。


この進出の足がかりとして、比較的豊で雑貨などにお金を掛ける国や地域での日本観光の案内本を入手し、その国や地域の人が、日本のどんな所に日本らしさを感じでいるかの分析から始めると良いでしょう。


また、個人や中小の小売業が海外に進出し、従業員を雇い、店を任せるとなると、色々な心配が付き纏い、決断できないことも多いでしょう。そんな時には、海外駐在員の多い国や地域、また老後を海外で過ごすリタイアメントの日本人が多い国や地域を選び、海外駐在員の奥さんや、リタイアメントの方に仕事を助けてもらい、任せるのも良いと思います。こうした人達になら、信頼して任せる事ができるでしょう。


人口減少の中で、日本の富を増やすには、輸入ビジネスだけではなく、それとセットで輸出ビジネスに取り組んで欲しいのです。輸入ビジネスで成功し、自分の店で生活が安泰だとそれに甘んじている若者には、輸入ビジネスを始めた当初の情熱を思い起して、日本の伝統、たくみ、技を海外に販売する輸出ビジネスに挑戦して欲しいと思います。

2014.06 (R2GG-LS)

新潟の諏訪田製作所 – 爪切りなどのはさみ類を製造している会社

新潟にある、諏訪田製作所というとこををご存知の方はかなりいらっしゃるでしょう。
最近マスコミでも取り上あげられることが増えてiます。ここは爪切りなどのはさみ類を製造している会社です。

「爪きりなんて何使っても一緒じゃないか」そう言われる人もいるでしょう。しかし、こちらの爪切りは違うのです。まず、デザインがすばらしい。握った感じがとても滑らか。持ち手が滑りにくい。ミラーのように輝いている・・・などなどです。

一番の特徴は、爪を切ったときにとてもきれいなカーブで切ることが出来るので、爪が割れたりすることがないんです。特に足の爪を切るのには最適な爪切りなのです。

こういったことで、諏訪田製作所の爪切りは大変人気となっています。
確かに値段は高く、6000円以上します。しかし、それに見合った「付加価値」というものがきちんと存在するのです。

諏訪田製作所に見られるような、高い技術力を持った会社は日本に他にもたくさんあります。

そのような技術を学ぶために、海外の若い人を日本に来てもらい、現地で修業してもらうというアイデアはどうでしょうか。もちろん、授業料はきちんと払ってもらうことが前提です。

その技術を母国に帰って生かしてもらえば、その国の産業もきっと発展することでしょう。

日本にとっても彼らの国にとっても、どちらにもメリットが多いのではないでしょうか。

2014.05 (Azuki-LS)

日本の温泉旅館の海外進出と、自分の国にいながら日本旅行

海外に長く生活していると、日本の良さが沢山見えてきます。

日本の魅力の一つに温泉や旅館、桜などを上げることができます。世界中にホテルはどこでもあるのですが、日本の温泉旅館のような素晴らしい宿泊施設はそれほど

多くありません。世界中では湯船につかってお風呂に入る習慣のない国や地域がまだまだ沢山ありますから、逆に日本の温泉は非常に魅力があると感じます。

最近では台湾に加賀屋という温泉旅館が進出して大成功を収めていますし、私が中国の大連に出張に行った時には、徳川と言う温泉宿泊施設があり、沢山の中

国人が宿泊して温泉や日本料理を楽しんでいました。

九州の別府や湯布院に旅行に行った時には、驚くほど多くの韓国人や中国人やベトナム人たちが温泉を楽しんでいました。

海外にこうした日本と同じレベルの温泉や温泉旅館をオープンさせることができれば、間違いなく成功すると感じます。中国にもいくつかの銭湯がありますが、お湯が汚

かったり旅館のような純和風の雰囲気やおもてなしがなかったりします。特別に難しく考えなくても、日本と全く同じレベルの温泉旅館をオープンすることができれば、必

ず世界中に進出することができると思います。

日本旅行に行きたいけども、お金やビザの関係でいけないという中国人や他の国の人は非常に多くいます。自分の国にいながら日本旅行を楽しめるようなツアーがあ

れば、非常に大きなビジネスチャンスが広がっていると思います。

私の長年の海外生活で提案するのは、日本の温泉旅館の海外進出と、国内にいながら日本旅行ができるというコンセプトです。

2014.05 (Busiwind-LS)

 

中国でコンビニや日本式100円ショップ

中国に10年近く生活していますが、こんな店や品物があったらいいのになと感じることがよくあります。日本だったら簡単に手に入るのに、中国や他の国に行くとなかなか見つかりません。

そんなニーズを利用して店舗を経営して成功している友人がいます。それは日本の100円ショップに似たようなショップやコンビニエンスストアです。中国にも小物は沢山売っているのですが、品物のクオリティーが全く日本レベルには追いつきません。また日本製品ははるかに便利でアイディア商品が充実しています。また店舗の内装や品物の並べ方なども、日本の質の高さには全くかないません。

中国でお店を開いて日本とほぼ同じクオリティーの高い便利な品物を、おしゃれな内装できれいに陳列していると、誰もがその質の高さに気がつきます。

最近では国際情勢で日本製品を買わないようにしている人もいるようですが、それでも質やクオリティーが高い製品は誰でも欲しくなりますし、便利さは認めざるを得ません。日本の経営方法をそのまま中国に持ちこむだけで、かなり有利です。中国のコンビニは品揃えが悪くてとても不便です。お弁当は売っていませんし、パンもまずいパンしか売っていません。

日本人にとっては当たり前だと思えるようなコンビニを作るだけで、外国人にとっては驚くほどクオリティーの高い便利なテンポができたというイメージになります。

私の友人は中国でコンビニを開き、日本と全く同じ陳列にしたところ、すぐに顧客からの信頼を得ることができて、今では他のコンビニよりはるかに多くの人が利用しています。また別の友人は100円均一と同じコンセプトのお店を開いて大成功しています。

このように日本人にとっては当たり前と思えるような品質と陳列を取り入れるだけで、海外では最新のお店として話題になる可能性があります。反日でも認めざるを得ない日本のクオリティーで世界を征服したいものです。

2014.05 (Busiwind-LS)

外国人技能実習制度

私は常々考えていました。

日本は、他者に敬意を持って受け入れる事ができる国なのだと。

そのため、外国人技能実習制度ができた時はとても喜びました。
外国人に技術を伝えて行きながら、また良い技術を受け入れながら、「日本は強くなり発展して行ける!」と。

しかし実際は、日本語を覚え、日本語で書かれた試験をし、日本の資格を取得しなければ仕事に従事できないという高いハードルが立ち塞がります。
期間の3年間をほぼそれだけに使い切り、結局資格を取得できす時間切れで母国に帰って行く実習生が多いのです。

これではいけません。

せっかくの制度をこのような事で終わらせてしまってはいけないのです。
技術はすでに母国で有している人が母国の推薦を受けて来るのですから、試験はせめて英語でも可能にしてあげるべきなのです。
言葉は日々の暮らしの中で、また仕事に従事しながら自然に覚えて行けるものだからです。

仕事をして行く中で、日本にはない技術を外国人が披露し、日本人がそれを学ぶ事もあるでしょう。
また逆に日本人が披露し、外国人に技術を伝えて行く事もあるでしょう。

そうやって切磋琢磨し合いながら日本を発展させて行けるとしたら、なんと素晴らしい事でしょう。
外国人と日本人が同じ職場にいて同じ能力を持ち、同じだけのやりがいと充実感を持てる国。

それが実現できた時、漢字の「日本」ではなく「にほん」という万国共通の言葉として好感を持って受け入れられるはずです。

2014.02 (Rikumaru-LS)