JeS[ʈꗗ: きらりと光る、この伝統・たくみ・技

海外で意外にも羨望を集める小さな日用品「鉛筆の補助軸」

 なぜ、こんなモノが海外では評価されるの?を探っていくと、現地の文化・価値観の違いから日本特有の日本人の発想力・技術力が見えてきたりします。今回は海外で生活をする方から、なるほどなぁというお話を伺ったので紹介します。
 海外で現地の人と混じって働いたり居住したりすると――つまり、日系企業駐在員のように豪華な生活をして現地庶民との接点もほとんどない生活ではなく、移民者として地元住民として生活すると――、日本では当たり前に目にし日常的に使用していた物が、実は、発想豊かで細やかに工夫された工業製品であったと気づくことがしばしばあります。「鉛筆の補助軸」もそのひとつです。
 
 私は南米の発展途上国と言われる国に十数年居住し、地元大学を出てさまざまな機関で教師を経験しており、この国の青少年や教育についての事情には詳しい方だと思います。そしてここでの日常よく繰り返される光景が、
「老若男女問わず『何これ?』と興味を示し、用途を説明すると、『うわぁ、便利!かっこいい!日本製なんでしょ?』と、私や同僚の日本人先生が昔日本から持って来て大事に使っているアルミ製の「鉛筆の補助軸」を見つめ感嘆し、それからひとしきり日本をほめる」の図なのです。



 ではすべりが悪く色付きも悪くすぐに折れて短くなる鉛筆を、こちらの人はどうやって使っているのでしょうか。

 答えは「半分より短くなって握りにくくなったら捨てる」です。
 日本人なら「えっ、豊かでない人も多い地域なのに何故」と問いたくなるでしょう。私見ですが、その答えは、「自国の資源の豊かさに甘える意識を背景とした『もったいない感』の無さ」と「持てる者は持てない者に施すというキリスト教の習慣で育まれた『もらい慣れ』」にあるようです。ここではこの問題には深入りしないでおきますが、つまり、中流以上の人は食べ残し、使い残し、使い捨てに抵抗が無く、貧困層は学用品の寄付やプレゼントをもらい慣れているようなところがあったり、無ければ無いで済ませたりするので、「鉛筆の補助軸」のような便利な物の存在を想像したり工夫して作り出したりということにはならない、ということです。

 しかしその一方で、実物を見れば「カッコいい、面倒も減る、欲しい」とは思うのです。実際、うっかり人に貸すとなかなか返って来ませんし(日本製の鉛筆が納まっていると尚更)、ある生徒は他州の東洋人街でやっと見つけたと嬉しそうに見せてくれました。また、別の人はインターネットで日本のサイトから購入したいが日本語も英語もできないし送料の方が高くなりそうなので諦めたと言っていました。



 「鉛筆の補助軸」は、地味ながら、「高価でない身近な日用品でも大切に扱うという丁寧な心」と、「日常を丁寧に生きる心を補助的に実現させる創意工夫と地道な努力をする」という日本人の美点の二つをよく表した日常文化の代表だと思います。ネットで検索すると、このごろは、アルミ製以外にも、美しい木製やカラフルなアクリル製、先を保護できる蓋付きペン型になっている物などいろいろあるのですね。バリエーション豊かな新開発商品の数々を見て、日本人の繊細さとたゆまぬ努力とを垣間見た気がし、嬉しくなりました。

海外進出に挑戦し国内外で人気再熱した南部鉄器

最近、日本でも人気が再熱し、しいては海外でも注目を集めている製品のひとつに「南部鉄器」があります。

 南部鉄器は東北地方の岩手県の伝統工芸品です。昭和50年に国の伝統的工芸品の第1号として指定されました岩手の南部鉄器。17世紀中頃、南部藩主が京都から盛岡に釜師を招き、茶の湯釜をつくらせたのが始まりといわれます。現代では日本の生活スタイルが変わるにつれて、家庭で南部鉄器が使われることは少なくなっておりました。また大量生産で作られた安価な急須にとってかわられ、南部鉄器の生産は衰退していった時代もあります。

 南部鉄器の一番の特長は、非常に丈夫で長持ちだということ。丁寧に使えば100年は使えるといわれているほど、耐久性が高く、一番人気の急須でいうと、厚みがあるため温度の低下がゆるやかなので、温かなお茶をゆっくり楽しむことができます。最近では鍋やプライパンなど様々な製品が作られていますが、南部鉄器の表面には小さなでこぼこがあり、使えば使うほど油がしみこんで金属石齢という被膜を作るため、焦げつきなどを防ぎ料理がおいしくできあがるのでその用途も多岐に渡ります。

 また南部鉄器というと黒い鉄の重厚かつ古風なイメージもありますが、最近ではカラフルでとてもおしゃれなデザインのものが増えました。Instagramなどでもオシャレな方々が美しい料理のお供として南部鉄器を飾り、そのフォトジュニックな様相から人気も再熱しているように思います。

 そんな南部鉄器、今では海外でも人気を博し注目されるようにもなっています。南部鉄器の人気に火がついたのは、フランスでした。南部鉄器の老舗「岩鋳」さんが、1996年パリにある紅茶専門店から、カラフルな急須を作ってほしいとの依頼を受け、海外進出を決断。体内への摂取を考え安全な着色料を使うことを徹底して研究し、3年の年月を経て色とりどりの素晴らしい急須を完成させました。パリで店頭に出されるやいなや、爆発的な大人気となりヨーロッパはもちろん、アメリカや中国など世界中で愛される製品となったそうです。

 以下のNECさんが運営されるwisdomに「岩鋳」さんのインタビュー記事が掲載されていますが、この記事の中で岩鋳さんは「海外に出ていなかったら今の岩鋳はない」とおっしゃれています。

・南部鉄器の伝統を守りながらカラフルな急須を開発し、海外進出を加速

https://www.blwisdom.com/lifeculture/interview/innovators/item/9580/9580.html?start=1

伝統を守りながらも海外進出という挑戦を続けた事で今の新たな再熱がある。とても素晴らしい事例ですね。

船舶用プロペラのトップシェアを誇っている企業_ナカシマプロペラさん

日本の頑張っている企業を紹介します。

 岡山県岡山市に本社を置く船舶用推進機器メーカー「ナカシマプロペラ株式会社」さんは日本で船舶用プロペラのトップシェアを誇っている企業です。


 小さなものは直径20センチから、大きなものではなんと12mのプロペラまで製造する事ができます。
その様な大きなプロペラを作る事ができるのは世界的にみてもナカシマプロペラだけであり、海外進出も果たしていますが、世界でも船舶用プロペラトップシェアの会社であると断言できます。

元々は漁船用のプロペラを製造していたという事ですが、現在では漁船用プロペラはもちろん、
競艇用のボートやレジャー施設で使われるようなボート、自衛隊向けの潜水艦用プロペラまでも製造する事ができます。

プロペラの出来を左右する磨きの工程では、機械ではなく手作業でプロペラの凹みやゆがみなどを職人さんが丁寧にチェックして磨き上げて行きます。
機械での仕上げを行えば時間短縮、経費の削減にもなるかと思いますが職人さんの目と手で完璧に磨き上げることで製品の仕上がりは全く違ったものになります。
プロペラが回転した時に余計な泡が発生しなくなることから耐久性も高まるので、長く1つのプロペラを使って頂く事が出来ます。

 

ナカシマプロペラのプロペラは「一品受注生産」である為に模型などを使って製造するわけではありません。
高度な職人のスキルと最先端のデジタルテクノロジーの融合で完璧な製品を日々作り上げています。
デジタル技術がどんなに進んでも、製品を生産する上で職人のスキルは必要不可欠なものであり、
ナカシマプロペラの宝の1つはそういった職人そのものであるといえます。

 私はドラマ「下町ロケット」が大好きです。好視聴率・好評価でしたのでご存知の方も多いでしょう、下町ロケットとはその名の通り下町の無名な製造会社がその技術と情熱を持って世界に誇る日本のロケットビジネス、しいては最先端の医療ビジネスに挑んでいくという物語です。元々大手の重機製造業者に勤めていたロケット部品の技術者が実家を継いで再建をはかるのですが、最初は「とことん技術を突き詰める」「最先端ロボットにだけ頼るのではなく人の手..職人の技術を守る」という姿勢から経営が圧迫され現場とも衝突が絶えません。ですが、元々技術者としては一流であった社長のそのこだわりと、最後は情熱が大手や大きなビジネスを吸い寄せて、夢を叶えて世界と勝負をしていくという何とも夢があり壮大であり、でも人情味溢れ共感・応援せずにはいられないその世界観に引込まれる..そんな作品です。

 ナカシマプロペラさんの企業理念などを拝見していると、ふと下町ロケットを思い出してしまいました。通ずる世界観がありそうです。

・

ナカシマプロペラ株式会社:http://www.nakashima.co.jp/index.html
・画像等ネットからお借りしております

海外進出に障壁を感じますか?製品に自信があっても海外展開は・・という方こそ読んでください

ご存知でしょうか?

 昨年度、海外へ進出する日本人は前年比2.1%増の131万7,078人、日本企業は前年比3.7%増の7万1,129といずれも過去最高を記録し(外務省報道発表より)、またTPPの追い風もあり大企業のみならず中小企業・小規模事業者にも海外進出のチャンスは益々広がりを見せています。

 ここで岩手県二戸市にある清酒メーカーの「株式会社南部美人」をご紹介したいと思います。

 南部美人は明治35年、岩手県の最北端二戸市で創業された従業員30名、売上高5億に及ぶ老舗清酒メーカーさんです。100年以上もの歴史を持ち国内でもその品質には定評高い清酒メーカさんではありますが、 早々と国内市場の縮小に危機を覚えた5代目蔵元(代表取締役 五代目蔵元 久慈浩介氏)は海外進出を決断しました。創業以来培ってきたノウハウを活かし糖類無添加リキュール(製造特許)を開発し、地域資源の果実を活⽤した低カロリーで甘すぎないリキュールを全国でもいちはやく世界へ向けて販路を拡大していきました。時は1997年、19年前に遡ります。100年も続く経営の歴史がある蔵元だからこその英断であったと言えるのではないでしょうか。

 当時、時代は21世紀のアメリカでの日本食ブームを発端に日本食への関心が世界中で高まりを見せておりました。そういった背景も味方につけながら蔵元が行った様々な地道な努力の結果、南部美人は徐々に知名度と販売数を伸ばしていきます。たった30人の従業員数でありながら、今ではアメリカやイギリスを始めとする世界28カ国にまで輸出先を拡大し 1997年〜2004年にはモンドセレクションで8年連続金賞以上を受賞するなど世界からその品質を認められる存在にまで成長を遂げます。蔵元は今後、日本のみならず世界各国で日本酒の普及を目指し、アフリカ大陸などこれまでに取引の無い国や地域にも販路を拡大し、酒造業界の全体を盛り上げると高い目標を掲げて現在も邁進されているようです。
(参考 南部美人HP:http://www.nanbubijin.co.jp/tsumikasane/challenge/)

 私は、この南部美人に海外進出の真髄を感じております。

 よく経営者の方々と話をさせていただくと、目標の為に障壁があることは当然でそれをいかにクリアしていこうかを考える方と、障壁に尻込みをし理想を夢物語で終わらせてしまう方とがいらっしゃいます。海外進出は中小企業〜大手企業が行うものだという先入観から諦める方もいるでしょう。
南部美人の5代目蔵元はまさに前者の方ですね。高い志と持って、早くから海外への挑戦を決意し 言葉の壁、文化の壁(海外における日本酒の認知度はまだ低い時代など)を情熱を持ってクリアしていき夢を実現へと導き更なる高みを目指しておられます。

 私の周りの海外で成功をされている経営者の方々もまさに同じ、情熱と行動力で障壁を打ち壊してきた方ばかりです。
言い換えれば、良い商品とそれを売っていきたいという情熱さえあれば、言葉や国境の壁は 実はさしたる壁ではないのです。
先人からは多くを学べるという好例ですね。

水で悩む海外で活躍を

環境ビジネスと一言で言ってもそのジャンルは幅広いのですが、その環境ビジネスの中で、中でも水にまつわるビジネスは日本のお家芸と言える程、大変高度なスキルやノウハウを有しています。
一例で言えば東京都が東南アジアの発展途上国の水道事業を請け負うビジネスを推進しようとしているのも大きな一例と言えます。

つまり、日本では当たり前のように提供されているサービスであっても、他国では容易に真似の出来ない技術やノウハウに依拠している場合が多いのです。
それ故、そうした技術やサービスには当の日本人が気付いていないだけで、実は海外から切望されているものは山のようにあると言っても過言ではありません。

例えば、その一例ですが日本には豊富な地下水が地下に蓄えられていますが、古くは井戸を掘って飲料水や生活用水にしたり、例えば寒冷地はその地下水を道路の融雪に使用したり、あるいはヒートポンプと組合わせることで空調に活用したりと、さすが日本人と言えるのでしょうがこうした自然の資源を生活の中で実に巧に有効活用してきました。

しかしながら、この地下水を活用するには、高度な技術と言うより、長年培われてきた経験や勘と言ったものが必要とされます。いわゆる巧の技です。
にも関わらず、前出の東京都の事例が正にそうであるように水道水事業大国となったことと、地下水の取水によって地盤沈下等が起きやすいといった地理的要因から地下水取水そのものができない地域もある等、そうした巧の技術を活かす機会が国内では限定・制限されるようになってきました。

ところが、諸外国に目を向けると深刻な水不足に悩む途上国は数多くあります。そのような国は降雨量そのものが少ない場合が多く、地下水の有効活用が水不足の有効な対策であることはわかっていても、肝心の経験やノウハウ、具体的にはどこの場所をどの程度掘削すれば地下水を獲得出来るかといった長年の経験に基づいたノウハウ等がありませんので、手つかずの状態と言えます。つまり、そうした国では井戸を掘って地下水を探り当てる日本の巧の技術が切望されているのです。

ただ、途上国は日本と貨幣価値が大きく異なることもあり、そうした巧の技術を有する日本人に協力を仰ぎたくともコストの問題で断念していた訳です。
従って、そうした国に代わって誰がコストを誰が負担するかという問題があります。

しかし、少し視点を変えて考えれば、水の問題が解消されれば、水と不可欠と言って良い農業や工業といった産業も発展することになります。それは回り回って労働力や生産拠点の獲得等、日本の経済にも確実にプラスとして跳ね返ってくるのです。

ならば、そうした長期的視点やビジョンに基づいた、ODA等ではなく民間資本に基づいて、巧の技術を有する日本人の方々がその実力に見合った対価を得ながらそうした水で悩む海外で活躍出来るようなスキームが実現出来ないか。そうなれば日本の巧の技術も海外で活かされ、日本経済も結果的に潤うことにもなります。

2014.07 (CreationsA-LS)

海外に向けて発信すべきは「農業」

日本が海外に向けて発信すべきものはずばり「農業」ではないでしょうか。
日本には昔から米作というものがあります。
他の国でも米を食べる所はありますが、日本の米作のような技術を持っている国はないでしょう。

最近は健康ブームで玄米を食べたいという人が増えています。
玄米は確かに体にいいのですが、糠の部分に農薬が残留するので白米より農薬が多いと言われています。
しかし、新潟のある農家の男性は全く農薬が残らない状態の玄米を作ってテレビに紹介されました。
何百もの検査項目にクリアするような玄米を毎年作られています。

農薬を全く残留させずにお米を作るというのは並大抵の事ではありませんよね?
それをやってのけるこの男性のような人を海外に派遣して、途上国などで技術を教えてもらうのはどうでしょうか。

まだまだ途上国ではかなりの農薬が使われているようです。
農薬が残留すると人体にどんな害があるのかという事も知られていないのでしょう。
これから生まれて来る子どもたちのためにも、出来るだけ農薬が少なくて済むようなお米の作り方を日本からどんどん輸出していってもらいたいものです。

もちろん、無料ではなくビジネスなのでかなりの技術料を払ってもらう事になります。
そうなると日本にとってもかなりメリットになるのではないでしょうか。

2014.07 (Azuki-LS)

若者には、日本の伝統、たくみ、技を海外に販売する輸出ビジネスに挑戦して欲しい

最近、北欧のデザインが話題となり、雑貨や家具等を日本で販売する小売店が話題になっています。こうした海外企業の日本進出もあれば、雑貨ブームの中で、東南アジアテーストの衣類や雑貨、欧米の古いリユース雑貨を、海外で仕入れて販売する小売店も増えています。若者文化の中に、こうした物が受け入れられ、結構高値で販売されたりしています。


翻って、日本の伝統、たくみ、技に裏打ちされた商品の発信力はまだまだ弱いと思います。特に輸入雑貨で成功を納めている若い人達に、その感性を活かして、ぜひ日本テーストの雑貨を販売する店を海外に展開してもらいたいものです。


若い人が、海外での小売を考えると、すぐにネット販売を考えがちです。しかし、ネット販売では、日本で成功した立地や店全体の雰囲気と品揃えという感性は活かせません。こうした感性を活かすには、やはり現地に実店舗の進出が必要なのです。


この進出の足がかりとして、比較的豊で雑貨などにお金を掛ける国や地域での日本観光の案内本を入手し、その国や地域の人が、日本のどんな所に日本らしさを感じでいるかの分析から始めると良いでしょう。


また、個人や中小の小売業が海外に進出し、従業員を雇い、店を任せるとなると、色々な心配が付き纏い、決断できないことも多いでしょう。そんな時には、海外駐在員の多い国や地域、また老後を海外で過ごすリタイアメントの日本人が多い国や地域を選び、海外駐在員の奥さんや、リタイアメントの方に仕事を助けてもらい、任せるのも良いと思います。こうした人達になら、信頼して任せる事ができるでしょう。


人口減少の中で、日本の富を増やすには、輸入ビジネスだけではなく、それとセットで輸出ビジネスに取り組んで欲しいのです。輸入ビジネスで成功し、自分の店で生活が安泰だとそれに甘んじている若者には、輸入ビジネスを始めた当初の情熱を思い起して、日本の伝統、たくみ、技を海外に販売する輸出ビジネスに挑戦して欲しいと思います。

2014.06 (R2GG-LS)

北方領土産の生うに加工業の仕事

私が紹介したいのは、北方領土の町、根室で行われる、生うに加工業の仕事です。


生うに加工業は、文字通り、うにの殻を割って、中身を取り出し、木箱に盛り付けて、店で売られているうにの弁当箱を作成します。そして、築地市場に出荷するのです。それが、簡単な仕事の流れになります。


そして、北海道のうにだけでなく、ロシア産も使います。ロシア産というのは、北方領土は現在、ロシアが実効支配しているので、北方領土産のうにはロシア産ということになるのです。


というわけで。私が「こんな仕事でこんなに元気」として提案したいのは、北方領土産の生うに加工業の仕事です。 スタッフは、女性がほとんど。朝から早起きして、3時には出勤してきます。

そして、寒い加工場の中で、生うにを割り、向きから取り出し、木箱につめていくのです。 冬場は非常に寒く、手が凍えます。この仕事は、職人の技が必要とされ、手先の器用な女性に求められる仕事です。


そこが、職人の技なのです。見栄えがいいほど、高値がつきます。というわけで、見栄えよくつめられる人ほど、高給取りになることができるのです。


あとは、雑用をする男性陣が数人と、経営者で会社を回しています。夏場は加工はお休みです。

2014.06 (Hamster-LS)

新潟の諏訪田製作所 – 爪切りなどのはさみ類を製造している会社

新潟にある、諏訪田製作所というとこををご存知の方はかなりいらっしゃるでしょう。
最近マスコミでも取り上あげられることが増えてiます。ここは爪切りなどのはさみ類を製造している会社です。

「爪きりなんて何使っても一緒じゃないか」そう言われる人もいるでしょう。しかし、こちらの爪切りは違うのです。まず、デザインがすばらしい。握った感じがとても滑らか。持ち手が滑りにくい。ミラーのように輝いている・・・などなどです。

一番の特徴は、爪を切ったときにとてもきれいなカーブで切ることが出来るので、爪が割れたりすることがないんです。特に足の爪を切るのには最適な爪切りなのです。

こういったことで、諏訪田製作所の爪切りは大変人気となっています。
確かに値段は高く、6000円以上します。しかし、それに見合った「付加価値」というものがきちんと存在するのです。

諏訪田製作所に見られるような、高い技術力を持った会社は日本に他にもたくさんあります。

そのような技術を学ぶために、海外の若い人を日本に来てもらい、現地で修業してもらうというアイデアはどうでしょうか。もちろん、授業料はきちんと払ってもらうことが前提です。

その技術を母国に帰って生かしてもらえば、その国の産業もきっと発展することでしょう。

日本にとっても彼らの国にとっても、どちらにもメリットが多いのではないでしょうか。

2014.05 (Azuki-LS)

日本の零細企業の技術を海外へ

日本には町工場が集まっている街が至るところに存在します。

たとえば、大阪府東大阪市をご存知でしょうか?

社長と従業員一人だけなどという会社もたくさんあります。
そんな小さな会社ですが、技術力はとてもすばらしいものを持っているところが多いです。
しかし、現在ではほとんど製品の受注がなくなってしまい、町工場は最盛期に比べかなりの数が倒産に追い込まれています。

バブル期には、大手電機製品メーカーや、大手自動車メーカーなどは、こぞって海外に部品を作る工場の拠点を移しました。その方が少しでも安く部品の製造が出来るからです。

しかし、その結果はどうでしょうか。

海外では安く製品を作ることは出来ましたが、品質は決して高いものとは言えません。 よって、大手家電メーカーや自動車メーカーの商品の品質はかなり落ちてしまったと言っても過言ではないでしょう。

日本の下町の工場で作られた製品は、手間がかかっている上に、長年培った技術力によってとても品質の高いものが多いです。そのような技術を、海外の途上国などにどんどん輸出していくべきなのではないでしょうか。

町工場で働いている人を海外に派遣し、そこで現地の人に教える。そこで技術料をもらうことで町工場の人も利益になります。
また、品質の高い製品が作られることで、大企業の利益も上がることでしょう。

以前のように、日本の町工場がにぎわう時代が来ることを望みます。

2014.05 (Azuki-LS)