JeS[ʈꗗ: 強力・協力!チーム・ビジネス

日本よりも海外で成功する、ホンダのアコード

日本の技術が海外で高い評価を得ていることは誰もが知るところではありますが、日本で作られたモノが日本国内より更に海外で売れ行きを伸ばす事もあるということはご存知でしょうか。

ホンダの乗用車アコードは、現在日本市場の売れ行きよりも海外市場での人気が非常に高く、特にアメリカでは毎月25000台以上を売り上げるベストセラーカーとなっています。

アコードは1982年に初めてアメリカで生産された日本車であり、その後も現地生産を続けています。現在のアメリカ仕様のアコードは4800mmを超える全長で、3.5Lエンジンと2.4Lエンジン、2.0エンジンのハイブリッドと、北米のみの扱いになっている2ドアクーペの3.5Lエンジンと2.4Lエンジンが存在しています。北米のニーズに合わせた改良をし続けていることが北米でアコードがトップセラーであり続けている要因でもあります。

また、小改良でスタイルを改良することも行われていて、最新モデルでは登場から3年で前後デザインの変更という大掛かりなデザイン変更が行われています。ホンダでリアランプのデザイン中心と言う珍しいデザイン変更をしたことがあるのはここ25年で2003年モデルのアコードのみとなっています。デザイン面での変更タイミングの巧みさもアコードの北米での成功の理由と言えるかもしれません。

アコードはホンダが排気ガスの規制のマスキー法を世界で最初にクリアーしたCVCCエンジンを搭載したことで環境問題に対しても代々先進的な位置にあり、90年代後半にも当時世界最高レベルだったカリフォルニアの排気ガス規制をクリアしたモデルを販売しており、2003年には北米専用のハイブリッド車を販売し、2013年に現在のハイブリッド車を発売していますが、基本のガソリン車の高速道路での燃費が非常によく、アコードよりだいぶ小型で燃費の良い1.5Lエンジンを積んだホンダフィットの北米モデルと2.4Lエンジン車では高速燃費で2割程度の差しかない数値を出しています。北米で人気の高い大型のV6エンジン搭載車でも馬力の必要ないときは3気筒のみ使用して燃費を向上させるシステムなどを搭載しており、さらに最新モデルでは燃費の良い直噴エンジンにアップデートするなど市場のニーズをテクノロジーでうまくつかんでいると言えます。

このように、時代背景を捉えつつ販売地域特有のニーズに知り、それに答える・・技術力は日本は世界に誇るレベルですから、その技術をもってしてニーズを捉えられればおのずと成功するという事例でもあります。

現地のニーズをいかに把握するか、これがキーであるとも言えます。

より快適な空間をプロデユースして世界から観光客や長期滞在客を収集するプロジェクト

今世界のセレブ層と呼ばれる人々が求めているのは、安全でなおかつ快適に過ごせる空間です。 実は投資家やサービス業、作家等の仕事で世界各地を訪れている人達はインターネットがつながりさえすればパソコン1台、スマホ1台でも仕事をこなせる人々が多く存在するのです。 そんなヒッピーセレブ層が世界を転々としながら求めてる物は、快適でラグジュアリーな空間です。

日本のメリットとしては、他国に比べて治安が良い点とインフラ整備が整っている点、そして安全な水や食が簡単に手に入る点です。 そんな日本の住みやすさを求めてここ最近世界各地からビジネスや留学、旅行、長期滞在といった形で訪れる外国人が増えてきました。 その種族も多様化していて、以前はあまり見られなかった中近東やアフリカ、南米、インド、北欧の国の人々も最近は多く日本にやってきています。

そういった中で実はまだまだ日本では、そのような国々の人々が快適に過ごせる空間が少ないのです。 
それはインテリア、食、レジャー、娯楽、サービスの点ですが、もう少し世界中のどこの国の人が来ても快適に過ごせるような空間プロデユースが出来ると、もっと外国の人々が日本でお金を多く落としていってくれると思います。

もしかするとせっかく世界のセレブ層が日本に来てくださっているのに、せっかくのビジネスチャンスを逃してる可能性だってあるのです。
そのためには実際に世界中の文化や習慣を把握して、今現在それらの国で行われえているサービスを超える物を作っていかないといけません。
それは東京や大阪に限らずに飛行場の近くであれば、海外に近い九州といった比較的地価の安い地域でも可能なのです。

日本を世界のセレブが集まる魅力的な都市にする事によって、日本で様々な国際会議や首脳会談が開かれるチャンスも増えてくると思うので、自然と日本が世界の中心地として認定されていくと思います。

幸い今日本は過疎化、少子化で土地が余っているので、そういった過疎化した土地を思い切って開発していくのも地域活性化につながるので良いと思います。

これから国際化社会に向けて大切な事は、常に世界を見つめるビジョンです。

世界はインターネットの普及によってより身近なものとなりました。
だからいくらでも日本の魅力を世界へとアピールしていくチャンスはたくさんあるのです。

日本各地で世界にはないすごい空間をクリエイトして、世界を代表する国家としてこれからどんどん成長していく事を望んでいます。

2014.07 (Nekonikonbanha-LS)

中小企業の連合体に生産委託するファブレスメーカー起業の提言

最近の60歳定年退職者は、まだまだ元気です。しかし、大企業に勤務していた人の多くは、退職金を原資とした企業年金等で生活費には困らず、今更サラリーマンとして雇われるのを嫌い、仕事に付いていない人が多いものです。

そんな中で、大手電器メーカーの生産技術部門のOBを中心に、東大阪市の中小企業の技能レベルのアップや、各種の生産活動の高度化を支援する会社を起業している人がいます。その会社には、社員と言う形ではなく、多くのOB達が登録し、必要に応じてスキルのある人がチームを組み、支援する体制を取っています。

この様に、メーカーの生産技術部門のOB達は、中小企業に貢献する活動を、この会社に集うOB達にとっても理想の形で展開している例と言えます。
これは中小企業のレベルアップを支援できても、直接的に仕事を提供し、販路を開拓し、下請けからの脱却を支援する事はできません。

本来、この会社に集う大手電器メーカーには製品の企画、設計開発、マーケティング、営業に携わってきたOB達が、何倍もいます。
こうした企画、開発、営業経験のスペシャリストが寄り合い、大手では不可能なニーズをすくい上げた製品を企画、開発、販売するファブレスメーカーを起業し、生産技術部門のOB達が支援する中小企業の連合体に生産委託するシステムを構築すれば、仕事の高度化と仕事の量拡大を果たす事ができるでしょう。

こうした2つのOB会社が順次世代を受け継いで行けば、事業の継承に悩む中小企業の経営者達も、胸を張って自分の子供達に事業の継承を願う事ができるようになるでしょう。
私も事例として紹介した大手電器メーカーの技術部門のOBです。しかし、残念ながらデバイス部門に所属していた為に、中小企業連合体に仕事を提供できるような製品開発の経験がありませんし、少々起業するには齢を取り過ぎました。

製品開発に携わっていたOBを中心に、最後の社会貢献としてこうしたファブレスメーカー起業に手を挙げてくれる事を期待します。

2014.07 (R2GG-LS)

特に発展途上国でネット放送配信を通して生きる力を

どこの国でも同じ事なのですが、小さい子供がたくさんいるんですね。

特に発展途上国には人数も多いですし、子供が喜ぶような日本のアニメとか、我々が心に刻んで忘れなかった、励みにしてきた歌や映画がたくさんありますよね?

そういったものが、もっと、子供向けに発信できたら、その地域も明るく元気になれると思うんですよ。

難しいことではないと思います。
今、アフリカでも、みんな携帯持ってるような時代ですよ。

下水道などのライフラインを整備することに尽力する事と同時に、もっと、ネットで放送を配信して、生きる力になるようにしてあげたり、サブ的に何かはできると思います。

その国の官僚とか大学とか会社とかと、東南アジアなんかは「産、官、学」でコラボレーションしたら、資金も集められるし、いい知恵も出し合えるし、お互い、できない部分を補い合い、きっとやれると思います。

放送網が大事です。

とにかく、フィリピンでも、島が多いです。

島だらけで情報が行き渡っていませんし、ああいう東南アジアの方こそ、ほんとに放送網を必要としています。

あそこが経済的によくないからといって、そういう弱みにつけ込んで、悪い人が悪いことがしやすいから麻薬を持ってどんどん入っています。

そんな危険な事と、隣り合わせの生活が幸せなはずはないです。

とにかく、治安が悪い国には、治安を良くするための交番制度を作ってあげて、(今回ブラジルでは、治安を良くするため、国で日本の交番制度を導入することになった)そのようにしてあげるとか、日本からの働きかけで、生活習慣をいくらでも導入してあげられます。

その際でも放送網は重要で、NHKじゃなくても、これは民間レベルで出来ます。

日本人はそこら辺がとても消極的なので、もっともっと積極的に行った方が良いと思います。

 

2014.06.30 (6c6w-LS)

育成とチームプレイを重視する日本と、個人主義を基本とした成果主義の海外

今や日本でも個人主義や能力主義が叫ばれ始めて久しいです。が、本来日本の仕事に対する価値観は、個人一人の能力だけではなく、会社の従業員や経営陣が一丸となって力を合わせてひとつの仕事を達成するというものでした。

どんなに優れた人間でもたった一人のワンマンプレイでは仕事を完遂することはできません。 逆に一人ひとりの能力に偏りがあっても、チーム一丸となって協力することによって、そしてお互いの欠点を補い長所を伸ばしあうことによって、どんな困難も乗り越えていったのが、本来の日本人の姿なのです。

こういったチームプレイの概念は、特に新人を助け一人前の仕事人に育て上げていく際に非常に理に適っていたものなのです。

どんなに優れた社会人でも、社会に出始めたころの新人時代は、同じ職場の先輩たちに助けられて成長していきました。
 
新人育成とチームプレイを重視する日本企業と、海外の個人主義を基本とした成果主義では、根本的な部分からして違うために、むやみに外部の価値観を日本の仕事の現場に考えもなしに導入し続けていく企業が増えていった結果、現在の日本企業は企業全体で人材を育てていくと言う一番大切な部分を見失っていってしまったのです。

私は小さいながらデザイン事務所を経営しているのですが、新人にいつも言っていることは、欠点を補うことよりも長所を伸ばすことに専念しなさいということです。 例え欠点があったとしても、複数の人間が集まって仕事をすれば、誰かが誰かの欠点を補ってくれるのです。

確かに何でもこなせる人間ならばどんな仕事にも対応できますが、一人ひとりの人間のキャパシティには限界があるため、その能力の総量は自ずと決まっていってしまいます。 ならばたったひとつの能力に全部注ぎ込めば、その道では誰も敵うことのできない人間に育っていくのです。

色彩能力に優れた人材、無機質のデザインに優れた人材、生き物の描写だけは得意だと言う人材、私の職場にはこういったたった一つの能力に秀でたスペシャリストがそろっています。しかし個人個人で能力に偏りがあるために、チーム全体で仕事をして初めてその真価が発揮されるのです。

今一度基本に立ち返り、個々の能力を補い合いながらより有効活用できる、会社全体のチームプレイを重視した経営戦略を海外に発信していくことが大切であると、日々考えています。

2014.06 (Neetsnep-LS)

入社一年目で“逃亡”をした私の起業

私は東京の私立大学を卒業して関西に本社がある老舗のふとん製造販売メーカーに入社し、営業課に配属されて新人研修を受けている間に本社の合宿所であるマンションの寮から“逃亡”して会社を辞めました。

そして研修中に知り合った同期の会社の友人とインターネットを中心に古本の全国買取を行うサイトを立ち上げ、古本買取サイトは全国規模で古本を買い取る一大店舗にまで成長しました。

その後共同で起業をした友人は3年後に会社を離れ、今度は自動販売機の年齢認証のセキュリティを管轄する機械の製造販売会社を立ち上げ、現在順調に経営を続けています。

私は彼と立ち上げたインターネットの古本買取チェーン店の社長としてサイト運営を行っています。

そして私は2年前から主に成人男性を対象としたジョークグッズやコスプレグッズの製造販売を手がけ、それらのグッズを自動販売機のセキュリティを管轄する機械の製造販売会社を経営しているかつての共同経営者であった友人に頼み、彼のコネクションで全国各地の特殊自動販売機に私の製作したジョークグッズやコスプレグッズの販売を行っているのです。

かつて15年前に同期のふとん製造販売会社の人間に「あいつらは“逃亡”した」と囁かれて後ろ指を差されて退社をした私達ですが、現在は二人とも家族が出来、幸せな生活を送る事が出来ています。

2014.06 (Icchan-LS)

途上国で必要なライフラインの整備

やはり、基本的に洪水とか異常気象で、下水道、浄水施設などの水の衛生に関するライフラインの整備は、途上国ならどこも必要としていると思います。

日本がこれらを整備していくことは、ひいては日本を守ることにつながると思います。

 

原付を運転しているような国なら、もう、「産、官、学」でコラボして、栄養学とか学べるだけの大学整備からなにから、進み出しているので、会社の食堂でも何でもこれから!という機運になっています。現在、日本と同じような給食スタイルで稼働している所もチラホラあります。

それらは、日本の味の素がベトナムで、あちこち現地の行政や会社とコラボしてやっていて、うまく進められているからです。

しかし、ライフラインは、きちんと整備して作っては、それを長く管理していくもので、水の衛生などがかなり立ち遅れていて、そこら辺をもう少し何とかできれば、ものすごく国が発展する!というところまで来ています。

いろんな意味で、古い日本を思い浮かべればいいと思います。

素材自体はすごく良くて、日本からはいくらでも、食べることとか、健康診断車とか、配備できるはずです。こういう事は個人でも企業でも、いろんな人たちがやれることです。

ただ、下水道とか、浄化槽とかのことになると、国が関与するはずです。 勝手なことはできないと思います。

日本の大企業が、向こうに営業に行って、やっと新しく整備をすることもそうですけど、働きかけ次第だという事です。  今、だんだんそういう動きも見られます。

結局向こうが、国民から料金を徴収できるか?維持費、管理費込みで、それを国民が支払えるのか?にかかってくるんですよ。できたら、すぐ、たくさん作れるんですよ。

あと、その国で長く管理できるようなノウハウなどを伝授してあげなければ、今やっているのは、作っては放り投げる、とか、お金だけあげる、とか、雑なことをやっているから、日本はダメなんですよ。今行っている企業に関してはそういうことはないですけどね。


ライフラインは、そこの国の行政に強く働きかけないと会社とかだけ、個人だけが頑張って、どうなる問題でもないです。 政治家もかかわってくることだろうし…

だから、下水道がきちんとしてるところから、企業進出をしていくべきでしょう。

要するにそういう地域が、あちこち、セクターで大きな丸が、散らばって出来ればそれが一番いいんですよ。

 

2014.06.30 (6c6w-LS)

若者の起業を人的資源の提供で支える人材バンクの設立提案

1.起業する人達への支援の現状

起業に当って、必要な資金を提供する仕組みや、公的機関などがインキュベーターに対して、安価なスペースやコーディネーターによるコンサルを行う仕組みは十分とは言えませんが、それなりに構築されています。
これは、日本や地方を元気にするために、新規ビジネスの起業や、若い人のチャレンジの重要性が認識されているためです。
しかし、こうした新規ビジネスの起業を支援し、事業化を加速する為には、もう一段の工夫が必要だと思います。

2.眠れる人材

最近は、定年退職を65歳まで延長する企業が増えています。もちろん、60歳で一旦定年扱いとし、再雇用の形を取るため賃金は大幅にダウンします。再雇用企業の中には、この制度を重荷と感じている所も少なくありません。
それでも、多くの人が働き続けるのは、収入以上に、生きがいや社会との繋がりを持ち続けたいという理由も多いのです。
また、余り知られていませんが、大企業の制度では、管理職には再雇用が適用されない事も多いのです。
こうした60代のまだまだ働ける人材、特に管理職経験者などで定年延長の適用を受けない人材が非常に多く眠っているのです。

3.眠れる人材を活用するための人材バンクの設立提案

先に書いた経験豊かな人材を、地方自治体などが中心となり、そのスキルを登録する人材バンクを設立する事を提案します。
新規事業を起業する人達は、必要に応じて、人材バンクに登録した人の中から、支援を受ける事が可能なようにします。
人材バンクの登録人材と、求める起業家のマッチングは、各自治体が有しているコーディネーターが行えば良いでしょう。
雇用は、3ヶ月単位程度とし、必要に応じて延長する制度とするのが良いでしょう。勤務形態も週5日勤務でなく、2日、3日と自由度を持たせると良いでしょう。
こうした社会に貢献する意思を持ち、若者達を応援する心意気で勤務してくれる人材ゆえ、賃金は少し多めのバイト代で十分でしょう。

4.結び

事業の為には、資金と共に、人材が必要です。経験豊かで、即戦力の人材を起業家がフレキシブルに雇用でき、また社会に経験を生かした貢献をしたいと考えるリタイアメント者をマッチングさせる人材バンクの設立は、必ずや事業化を加速させるものと考えます。

2014.05 (R2GG-LS)

 

外国人技能実習制度

私は常々考えていました。

日本は、他者に敬意を持って受け入れる事ができる国なのだと。

そのため、外国人技能実習制度ができた時はとても喜びました。
外国人に技術を伝えて行きながら、また良い技術を受け入れながら、「日本は強くなり発展して行ける!」と。

しかし実際は、日本語を覚え、日本語で書かれた試験をし、日本の資格を取得しなければ仕事に従事できないという高いハードルが立ち塞がります。
期間の3年間をほぼそれだけに使い切り、結局資格を取得できす時間切れで母国に帰って行く実習生が多いのです。

これではいけません。

せっかくの制度をこのような事で終わらせてしまってはいけないのです。
技術はすでに母国で有している人が母国の推薦を受けて来るのですから、試験はせめて英語でも可能にしてあげるべきなのです。
言葉は日々の暮らしの中で、また仕事に従事しながら自然に覚えて行けるものだからです。

仕事をして行く中で、日本にはない技術を外国人が披露し、日本人がそれを学ぶ事もあるでしょう。
また逆に日本人が披露し、外国人に技術を伝えて行く事もあるでしょう。

そうやって切磋琢磨し合いながら日本を発展させて行けるとしたら、なんと素晴らしい事でしょう。
外国人と日本人が同じ職場にいて同じ能力を持ち、同じだけのやりがいと充実感を持てる国。

それが実現できた時、漢字の「日本」ではなく「にほん」という万国共通の言葉として好感を持って受け入れられるはずです。

2014.02 (Rikumaru-LS)

すごい店長

私は、大手の飲食店で働いていました。私の働いていた会社は、何店舗もレストランを経営しており、新入生などの育成にも力を入れていました。ですが、最近は安いファーストフードなどのお店が各地で増え、赤字続きでどうしたら赤字から黒字に変えられるのか、悩んでいました。

そんな中、今まで現場を仕切っていた店長が変わり、新しい店長がやってきました。その店長は、いろんな赤字のお店を黒字に変えてきた、すごい店長でした。私たち従業員は、店長はどんな風にお店を変えて黒字にするのか、とても興味がありました。

すると、新しい店長は、初めての全体での挨拶のときに、

「私は、何店舗ものお店を赤字から黒字に変えてきました。
でも、それは私だけの力ではありません。
私一人ではお店を変えることは出来ません。
従業員みんなが力を合わせることが大切なのです。
皆さんの力を私に貸してください」

と言われました。

今まで、店長の言うことだけを聞いていた私たちは、力を貸してくださいと言われるとは思っておらずびっくりしました。その日から、店を始める前に全体でミーティングをしたり、仕事に対してひとつのチームとして力を合わせて目標を持つことになりました。毎月の売上目標だけでなく、一日の売上目標を計算しだし、一日の売り上げ目標が達成したらみんなで喜び、達成できなければ、「もっとこうしたらいいんじゃないか」など売り上げ目標を達成するために意見を従業員みんなで出し合う。

そうして私たちは、新しい店長の元で2ヶ月で赤字から黒字に売上を上げることが出来ました。そして、私たちの会社は、少しずつ売上を伸ばし企業を拡大していくことができました。

私は、その考え方を教えていただいた上司に今でも感謝して、この言葉を後輩たちにも教えていきたいと思います。

2014.01 (Miku-LS)