JeS[ʈꗗ: 日本の文化で元気

海外で人気となった日本のランドセル

 日本人も想像していなかった、日本特有のアイテムが突然現代において海外で人気を呼び、日本発の海外進出商品として新たな市場を生む・・という現象がしばしば見受けられます。

 海外で意外な人気となっている、日本製品のひとつが「ランドセル」です。

ランドセルは、おもに日本の小学生が、通学用のかばんとして使っているものです。一般的に、革や人工の革で作られており、6年間の通学に使えるように、頑丈で、背中に背負えるようになっています。

ランドセルは、もともとオランダから持ち込まれたといわれています。江戸時代末期に、江戸幕府によって、軍隊の西洋化が図られえうようになりました。その際、オランダの兵隊が背中に背負っていた背嚢が取り入れられ、それが明治時代になると、小学生用のランドセルになったといわれているのです。最初は、リュックサックのような形をしていたといわれていますが、しだいに今のようなランドセルの形に変わってきたようです。

 日本の小学生にとって、ランドセルはそれほど人気のあるものではありません。デザインもかつては、男子は黒、女子は赤というのが定番色で、当然のようにオシャレなどは度外視、機能性を重視したものが一般的でした。
ところが最近では、日本の少子化問題が影響し、ランドセルの買い手が少なくなっているというのが市場に影響し、競争力が高まったこともあり、差別化の一貫でピンクやチェック柄といったカラフルで、おしゃれなランドセルも多くなってきました。高級化も進んでいます。買い手をひきつけるために、デザインの面でも工夫が進んだのかもしれません。

 その様子が、日本のアニメ作品などを通じて、海外に広まったといわれています。そして最近ではしだいに、おしゃれの一部として海外でも使う人が増えてきたのです。とくに、アメリカやイギリス、ロシア、ヨーロッパの国々やアジアなど、多くの国で人気を集めるようになりました。一説にはハリウッド女優が使い始めたのがきっかけともいわれています。このため、日本に旅行に訪れる外国人観光客のうちにも、お土産にランドセルを買って帰るという人達が増えているようです。最近では羽田空港でもランドセルが売られようになりました。オランダから伝わったランドセルが、時を越えて、日本人の手によりオシャレなアイテムとして変化を遂げ、日本から海外へ輸出される日がきたのです。

癒しの空間 日本の和室を世界中に広げよう

日本人が昔から当たり前の様に生活をして来た空間である「和室」。

最近でこそ、住宅が全面フローリングをされている殆ど洋室風な住宅が普及をしていますが、日本人が長年に亘って愛し続けて来た和室の空間こそ、人間が最も癒される空間であると思います。
そんな癒しの空間「和室」の文化を、もっと世界中に広げていけばどんなに面白い事でしょうか。

しかし、単に他国の一般住宅に和室をいきなり提案しても受け入れてもらえる可能性は低いので、先ずは日本家屋を何らかの形で他国の街中に移築し、そこで日本食レストランや居酒屋バーを開き、外国の方に日本の伝統的な住宅を体験して楽しさを実感してもらうと良いと思います。

日本家屋は1日の内でも表情を変えるので、例えば昼の部ではビジネスの合間に抹茶やコーヒーを提供したりする、夜の部は家族や恋人達がリラックスしたムードの中で会話を楽しめれる様にするなどです。

日本の家屋に有る程度馴染んでおられる外国の方には、日本風のホテルなどはどうでしょうか。
例えば、屏風や障子、そして季節ごとに演出する小道具として雛飾りや浴衣にコタツなど、日本文化の楽しさをじっくりと味わってもらえれる様にしてみると良いと思います。

変わったアイデアとしては、和室そのものをビジネスのオフィスに持ち込むと言う案です。
ビジネスのオフィスと言えば、どちらかと言えば殺風景でピリピリムードが漂う感じですが、1部でも和室の様な和の空間を演出した世界を入れるだけでも職場の雰囲気が変わって来ると思います。

和室の誕生は、戦乱でピリピリしていた時代に少しでもリラックスをしたいと願う人々がアイデアを出し合った中で産み出されたと聞きます。

日々競争に明け暮れる世界のビジネスマンと言う「サムライ」達にこそ、この和室と言う癒しの空間が必要だと思います。

2014.04 (Kikumasamune-LS)

日本の伝統武道が、世界と日本とを繋ぐ架け橋になる可能性について

私は以前から、日本の伝統武道をもっと積極的に海外に広めて行くべきだと感じていました。

現在は日本の各種の柔道、空手、合気道、弓道、相撲などの伝統武道は、民間レベルで広く世界中に普及しましたが、世界各国でこれらの日本の伝統武道を行っている外国人の多くは、その人自身に強い「日本武道に対する探究心」あったから日本の伝統武道を始めたというケースがほとんどです。

これを私は変えていかなければいけない、と強く思っています。

なぜなら、世界の日本以外の国で日本の伝統武道を行っている人達は、その国の中で一生懸命日本の伝統武道の稽古をして鍛錬を積んでいるにもかかわらず、外国での日本の伝統武道のイメージは、未だに多くが80年代までの中国や香港のカンフー映画のイメージのままだからです。

その証拠に海外に行って外国で日本の伝統武道の事について話すと、ほとんどの外国人は「キェーッ」などと言って昔のカンフー映画のアクション俳優の真似をします。

世界中のほとんどの外国人の人にとって、日本の伝統武道は「カンフーと同じか、カンフーに属した中国の武術」くらいの認識でしか捉えられていないのが現状なのです。

これをまず変えてゆく必要があります。

具体的には、日本政府が「日本の伝統武道を伝える指導員を各国に派遣して、日本国政府公認の「日本の伝統武道を教える教室」を、世界各国に設立する方法が良いのではないかと私は考えています。

2014.04 (Icchan-LS)

日本の家庭料理を世界に発信してもっと日本のヘルシーで健康的な家庭料理を世界中の人達に知ってもらいたい

「現在、有名な動画投稿サイトなどで日本の家庭料理を作ってそのレシピや調理方法を実際に行っている様子を撮影した動画が大変な人気となっています。

その日本の家庭料理を作って紹介している方は勿論日本人の方で、彼等は日本で日常的に食べられている「気取らないいつも通りの家庭料理」を調理している様子を撮影して動画をアップしているだけなのですが、その動画が外国人から大変高評価を得ているのです。

動画投稿サイトの日本の家庭料理を投稿した方のページのコメント欄を見ると世界各国からの日本の家庭料理を絶賛するコメントで溢れています。

それらの外国人のコメントの中にはただ日本の家庭料理を褒めるコメントだけではなく、「この日本の家庭料理はどの様なお店に行けば材料を購入出来るのか」といった質問や「私の国には無い材料なのでそれに代わる食材や調味料があれば教えて欲しい」といった質問が多く寄せられています。

これらの「日本の家庭料理の作り方まで尋ねてくる」というコメントが日本の家庭料理の動画に対して寄せられているという事実はいかに外国人の方が日本の家庭料理に強い関心と好奇心、そして好感を抱いてくれているかの証左にもなります。

日本政府は現在、正式な日本料理を提供している海外の日本食の店に対して「日本政府公認の日本食の店」である事を証明するステッカーを発行する機構を発足させて現在も機構は活動を続けています。

こういった「正式な日本料理を提供する店を認定する制度」を日本の家庭料理においても同種類のシステムを導入するのも日本の家庭料理を世界に広めるのに役立つ一つの方法であると私は考えます。

具体的には主に外国のテレビ番組などで「日本政府公認の日本の家庭料理を作る調理人」を出演させて日本の家庭料理を広めてゆくなどの方法も面白いかと思います。

世界各国には特に移民の多い地域、ブラジルなどでは日系の方が日本料理を作る様子をその国のテレビ番組で紹介してますが、彼等の料理は時に日本人からすると非常に奇異なおかしな日本料理を作っているケースが見受けられるからです。

日本政府が「日本政府公認の日本の家庭料理を作る調理人」の制度を設ける事は、こういったおかしな日本料理が広まる事を防ぐ意味もあります。    

2014.04 (Lcchan-LS)

日本の誇れる笑い文化を動画で発信

日本の誇れる文化として、落語というものがあります。

海外での認知も高まってきており、適切な翻訳を通じて落語を愉しむ外国人も徐々にではありますが増えてきました。

世界的に見れば日本人は寡黙な性格と思われている部分もありますが、一方で笑いに対するセンスは高く、いっこく堂さんやイッセー尾形さんなど世界的に活躍する芸人も増えています。

ユーモアのセンスは非常に繊細かつ大胆な要素が求められます。日本人は俗にいう「空気を読む」能力が高く、これが独自の世界観を生み出せる芸人を多く輩出できる理由なのかもしれません。
テレビメディアはインターネットに押されている感もありますが、決してお笑いそのもののクオリティが下がっているわけではないでしょう。

動画サイトなどを通じてバラエティ番組が海外で記録的な再生数を誇っていたり、意外な場所で評価されている事実もあります。
例えば名作番組の「風雲たけし城」はアメリカなどでも評価が高く、海外100ヶ国以上で放映されています。

違法動画でなくきちんとした管理のもとに海外で評価されることが重要で、コンテンツとして日本独自のオリジナリティを感じさせる番組をもっと輸出すべきではないでしょうか。

視聴者の分母を増やすことで、今までになかったタイプの視聴者層からの評価が得られる可能性もあるでしょう。

日本の笑いは世界に向けて発信していくべき価値があると思います。

2014.04 (Tarapon-LS)

教育は誇るべき日本の文化

日本の魅力的な部分は教育面です。
他国に類をみない識字率の高さと、高い基礎知識を持っています。

海外の知り合いに話を聞くとこれは驚異的な事だそうです。

海外だと宗教上のイデオロギーで、一般的に誤っている事を教える親もおり、正しい教育をするのが困難な場合が多いようです。
また、発展途上国の場合、家が貧しく、学校が無料でも仕事に忙しく、まともな教育を受ける事ができないようです。

その点、日本の場合は、中学までは誰でも一定の教育を受ける事ができます。
その結果、全体の知識の平均値は非常に高いです。
上位層になると海外と日本の差はほとんどなくなりますが、全体としてみると圧倒的に日本の知的水準は高いです。

これは、誇るべき日本の文化といえるものではないでしょうか?
誰もが正しい知識を得る機会があり、誰もが字を読み書く事ができる。
国の補助が、ヨーロッパに比べて少ないにもかかわらずです。

こういったシステムをもっと文化として、伝えていくべきだと思います。

それにしても、日本に興味がある人は、よく見ているものだと思いました。

こうやって、日本の良さを知ってもらえるのは国民として嬉しいものですし、もっと広く日本の良さが広まればいいと思います。

2014.02 (Wintersolt-LS)

着物文化をもっと世界に発信すべき

着物文化をもっと世界に発信すべき

私が日本の文化で世界にもっと発信していけばいいと思うのは着物文化です。世界で着物を着る国は日本しかありません。日本で着物はめったに着られる事がなくなってしまいましたが、着物はとても奥の深いものだと思います。

着物の文化を海外に発信すればきっと着物を作ってみたい、着物の着方を習いたいという人が出てくると思います。そういう人たちに向けて裁縫教室や着付け教室を開けばたくさんの人が教わりに来ると思います。

その上着物を着るためには色々な小物などが必要です。髪飾りや草履、バッグなども海外で売ることが出来ます。そういったものを作る技術も海外の人に教えて、海外でも作れるようにすれば着物文化はどんどん広がっていくでしょう。

着物に興味を持ってもらえば、そこから歌舞伎や狂言、落語など日本の伝統芸能にも関心を持ってもらえる可能性が高くなると思います。そうすれば海外公演などをする機会も今よりもっと増えることでしょう。

また、茶道や華道などにも興味を持ってくれる可能性が出てくると思います。

着物文化をこのまま日本のものだけにしておくのはもったいないと思います。 もっと日本独自の文化である着物を海外に向けて発信したいものです。

2014.01 (Azuki-LS)

新たな挑戦で、日本の復活と世界に対する貢献を

日本の元気が無くなったと言われて久しいですが、アベノミクス効果もあり、ようやく薄日がさしてきた感があります。この兆しを大事にしつつ、新たな挑戦で日本の復活と、世界に対する貢献を一層高めて行く事に知恵を出していく必要があります。

(1)文化や食の発信で日本ファンを世界に増やす好機です

日本食がユネスコの文化遺産に登録されました。これは会席料理などの贅沢で、綺麗な料理そのものが対象なのではなく、古くからのご飯と1汁3菜の食生活や、食にまつわる良き習慣や伝統が対象です。 世界的に寿司を始め、ヘルシーな食事として人気が高まる日本料理ですが、文化遺産登録を機に、その奥にある日本人の習慣や文化を合わせて発信し、世界に日本食のみならず、日本ファンを増やしたいものです。

また、日本のアニメ文化も世界で高く評価されています。伝統と新しいものが融和した国として、日本の文化の魅力を更に発信する施策が求められています。


(2)経済的な復活への道

日本の文化は、芸者・フジヤマの様な偏った見識は徐々に減っていますが、それは上記の様な日本文化の独特で素晴しい内容の発信に寄る所も大きいですが、自動車やエレクトロ製品などの高品質な製品の認知によっても変って来たものです。

やはり、経済活動を通しての発信は、伝統に合わせて今の日本を象徴する文化の1面です。

自動車ではトヨタが全米1位を回復し、国内の多くの企業間の競争で消耗していた電機、エレクトロニクス業界でも、業界の淘汰リストラが一段落し、これから再度の攻勢を期待したいものです。

経済が弱くなると、内需の拡大が叫ばれますが、それは必要ですが、日本にとっては工業製品の輸出は絶対必要な要素なのです。

原発が止まり、石油の輸入が増え、最近では何度も輸入超過に陥る事を経験しています。国債残高が高水準の日本にとって、国際収支が赤字化する事は極めて危険です。

日本企業の再生を応援する意味から、日本人はもう少し日本製品に愛着を持っても良いのではないでしょうか。


(3)エネルギーの自立に向けた取り組み

日本は、資源がなく、資源を輸入し、加工製品を輸出して生業を立てる国だと教えられて来ました。

現に、円安と石油輸入の増加で、輸入超過と言う信じられない事が起こっている事を、述べました。 しかし、日本の領海にはメタンハイドレートと言う資源が眠っている事が知られています。太平洋側には海底にガスとして溶け込み、日本海側には凍って固体化した塊が海底表面に転がっているのです。

自前のエネルギー資源に対し、石油や天然ガスの輸入など既得権を持った勢力が抵抗しているようです。日本をエネルギー輸入国から、輸出国に変えるパラダイムシフトの可能性を秘めているもので、国民の声で既得権者の抵抗を排除し、もっと積極推進すべきでしょう。

こうした自前のエネルギー資源を、多彩な優れた文化、高品質な工業製品に次ぐ、第3の力として持てれば、日本はもっともっと豊かになり、世界への貢献も増やせると思うのですが、いかがでしょうか。

2013.12.09 (R2GG-LS)

日本の文化が日本自身を元気にする

バブル崩壊以降の日本はハッキリ言って元気がないように思います。

思えばバブル期の経済勃興の原動力はお金でした。マネーゲームが日本を元気にしていたのです。その是非はともかく、様々な規制がある現状ではお金を基本とした活力の回復は難しいと思います。お金以外での方法を考える必要があるのです。

経済大国として君臨している現実を鑑みると、どうしてもマネーゲームに夢を託してしまいがちなのは分ります。ですが、そこに留まっている以上は大きな好転は望めないのです。

考えてみるべきは戦後の日本です。終戦直後の日本は焼け野原となっており、世界の中でも最貧国のレベルと言えました。
資源も国土も乏しい状態で、一体その後の躍進を誰が予想出来たと言えましょう。
つまり、我が日本はそれだけの潜在的なパワーを持っているのです。
不可能を可能に出来る国家なのです。

戦後の日本の奇跡の躍進は、元々持っていた技術力が功を奏しました。
もちろん、現在では海外の国も日本にも負けるとも劣らない高いレベルの技術を持っています。ですから、ここでも競争による大きな好転は難しいと言えます。

ですが、我が日本です。何かがあるはずです。

そのヒントは文化にあると思います。
家電製品や乗用車での日本のブランド力は以前より落ちています。
しかし、そんな中でも日本発のものが世界にインパクトを与えています。
それはアニメや漫画です。

お金や技術以外に日本が持っている比類なきものは、文化的側面なのです。

アニメや漫画がサブカルチャーである時代はすでに終わったと言えます。

メインカルチャーとしていかに発展させていくかが、今後の日本の躍進の鍵になるように思えます。

2013.12.09 (KAT-LS)

日本の【道】を世界に

日本には昔から道のつく文化、スポーツが数多くあります。 例えば文化では茶道、華道、香道など。スポーツでは剣道、柔道、弓道などです。

これらの文化は他の国にはありません。あったとしても、それは最近日本から取り入れてやっているものばかりです。しかも、その精神的なものまでは他の国に根付いているとは思えません。

この一つ一つの【道】にはそれらの道具を作る職人たちがいます。この人たちも日本にしかいません。何百年も昔から代々受け継がれて、伝統を今に受け継いでいるものばかりです。 最近オリンピックでは柔道などは他の国が強かったりしますが、柔道着を作る技術まではその国に負けているとは思えません。今でも【道】に関する道具はすべて日本の職人が作っているのではないでしょうか。

スポーツだけを輸出するような形に今はなっていますが、日本がずっと受け継いできたこの【道】に関する道具や装具の製造技術を、世界に輸出して他の国でもこの技術が受け継がれることを望みます。そのために日本の匠が海外に渡って、向こうで弟子を取り、技術を教えるスクールのようなものを作ればいいのではないか、と思います。その際には技術だけでなく、日本の【道】に対する受け継がれてきた精神論までもうまく受け継がれることが理想です。 

素晴らしい日本の匠の技を、我が国だけのものにしているのはもったいない。ぜひ全世界に広げていって、製造技術のみならず、その文化やスポーツに参加する人がもっと増えるといいなと思います。 そうすれば世界にたくさんの匠が必要になり、さらに需要の増加が求められることになるんではないでしょうか。

2013.11.02 (AZU-LS)