日本を元気に!グローバル日本を目指せ!!

零細・中小企業で作られた部品が日本人の生活の役に立ち、その部品が自分の知らないところで世界に渡れば今度は世界の人達の役に立つ。自分たちが提供したもので収入を得る、そしてそれが人の役に立てれば嬉しさは倍増です。それは…、

 

中小企業での物つくりも大企業での物つくりも同じです。

 

八百屋やスーパーで手にとる野菜にちょっと手を加えることで、世界の料理人が喉から手が出るほどの奇跡の野菜に変身する…。

 

製品・技術・発想・工夫を日本語だけの世界に閉じ込めておかず、言葉や文化の壁を越えて他言語の世界で実践してみませんか。

 

外国に向けての発信やビジネスは出来ないという人たちの為に、私たちが言葉や異文化の壁を取り除きます。今までの実績が私たちを強く大きくしてきました。今、世界の舞台に立っている私たちが、あなたの舞台・土俵を基礎から一緒に作るお手伝いをします、

 

そして舞台に上がってからもあなたと一緒に戦略を考え実行します。

 

あなたの誠実な気持ちだけでは、異なった大きな土俵の上で戦うことは困難かもしれません。真剣になればなるほどお互いが理解出来ない部分も出てきます。そんな場面を乗り越える為に私たちは知恵を出し汗をかきます。

 

自分のアイデアや商品を外の世界で試してみたい、でも国外のビジネスには踏み出せない…、

 

誰でも最初はそう思い・感じることです。でも、日本にいながら海外の情報が、簡単に、即座に手に入る今の時代です…。

 

日本語で電話を掛ける感覚で新しい世界をのぞいてみませんか。

 

++++++++++++++++++++++++++

”日本はこうして元気” 

(1) 日本はこうして元気(V7N) ビデオ
(2) 日本はこうして元気(V7N)って何?
(3) 関連ブログ

+++++++++++++++++++++++++++

今では日本でも多くの人が耳にしたり口にするようになった、コンテンツ・マーケティングやインバウント・マーケティング。この考え方や仕組みを利用して、今では誰でも気軽に声をかけたりかけられたりできるようになっています。その"誰"は地球上に住む人達です。でも、"日本語"で、という訳にはいかないのでとりあえず英語にしておきましょう。

今、日本語のウェブサイトをお持ちなら、目安として英語ページを日本語ページ数の2倍から3倍にしましょう。何しろ、まず将来のお客さんの方から声をかけて頂くのですからね。まずはあなたの存在、そしてその価値を世界中の"誰か"から発見して頂くことから始まります。世界中の皆さんにあなたの価値を知って頂くには、あなた自身が自分の価値・宝や強みをもう一度見つめ直し整理して、それをとにかく表現していけばよいのです。

まずはあなたの存在、そしてその価値を世界中の"誰か"から発見して頂くことから始まります。

世界中の皆さんにあなたの価値を知って頂くには、あなた自身が自分の価値・宝や強みをもう一度見つめ直し整理して、それをとにかく表現していけばよいのです。そうです。まずは表現することです。自分の会社や家の倉庫に眠らせておいてはあまりにもったいないです。今は文字通り宝の持ち腐れになっているということです。

でも"英語では…"、とか、"どうやって"とか…は考える必要はありませんよ。今、あなたが一人でやられていても、1,000人規模の会社であっても関係ありません。多くの日本人の悪い癖ですよ。そんな事を気にするのは。

誰にでもそのリーダーにきっとなれます。

一昔前まではこんなこと言っても夢物語でした。人も時間もお金も必要でした。でも今は違う。有難い時代になりました。世界のあらゆる場所や場面でインターネットのますますの普及、活用。ソーシャルメディアやブログ、そしてマーケティング技術の格段の進歩。好きなことや得意なことをとことん追求していって、仲間を増やす、友達を増やす、お客も増やす。それが自分でも想像できないくらいのスピードで、予定しなかった立派なビジネス展開になっていくことを目の当たりにすることはもはや珍しくありません。

そこには年齢も経験もあまり関係ない。まして組織の規模はほとんど意味がない。必要なのは今・現在を生きるあなたの情熱や意気込み、英知、考え方等です。そんな無限の可能性を身近に提供してくれる世の中に遭遇している今に感謝すべきでしょう。

これまでは、"何をしようか"、に力点を置いていたような気がします。が、一人では何もできないので今は"誰と一緒に"です。できる限り多くの人に喜ばれるようなことをしよう。今の私たちはそんな気持ちです。不思議なことにそう考えることで色々な"革新"や"わくわく"が生まれそうです。"これまで….だから"、とか、"でも….だから"、は言いっこなしです。やりましょう! 

まずは自分が好きになれること、元気になれることを自分で発見しましょう。